トルコ手芸のお道具 その1 糸

トルコの手芸に必要なお道具たちを紹介させていただきます。
お教室に参加される際のご参考にどうぞ。

最初はオヤに必要な糸をご紹介いたします。

f0207531_1473021.jpg

f0207531_148566.jpg


現在トルコでは一般的にスカーフの縁取りや、タオルの飾りなどには
ナイロンの糸を使ってオヤを編んでいます。
もちろん他の糸、たとえば日本でも売っているコットンなどでも大丈夫ですが
糸の処理などをしていくと分かるように、ナイロンの糸だととても簡単です。

ナイロンの糸の利点をあげさせていただきますと
① 糸の始末がライターなどの火で出来るため、とても簡単
② 出来上がったときにアイロンをかければ、形がピシッとしまる

などが挙げられます。
最近日本でのイーネオヤブームにより、ナイロンの糸が販売されるようになりましたが
やはり種類でいきますと、トルコには及びません。

トルコでは写真のように、小さい巻きのものと大きなサイズのものがあります。
小さいものは主にオヤ用で、大きなものはテーブルクロスなどの
大物を編むために使われています。

皆様もトルコに行かれたさいは、是非手芸やさんをたずねてみてください。
色とりどりの可愛らしい糸を見るだけで、きっと時間を忘れてしまいますよ^^



新宿 トルコ文化センター の手芸教室です。

毎月、第2・第4土曜日 午後1時半~ 2時間

チャイを飲みながらみんなで楽しくトルコの手芸をしています。

メンバー随時募集中!

みんな初心者からはじめました。
初めての人でも大丈夫です^^
一緒にトルコの手芸を楽しみましょう!

[PR]
by torukosyugei | 2009-06-01 01:37 | 手芸のお道具