トルコ手芸のお道具 その2 ライター

トルコの手芸で使うお道具のコーナーです。

今回は、ライターです。

f0207531_245698.jpg


ライターと聞くと、何に使うの? と思われる方も多いかと思いますが
お道具紹介コーナー1でご紹介しましたように
トルコではよくナイロンの糸が使われております。
その糸処理のために、ライターが必要になってくるのです。

ちなみに、トルコではロウソクの火で糸処理をしている方もいらっしゃいますので
ロウソクで糸処理をされても大丈夫です。

基本的に糸処理は、火であれば何でも大丈夫なのですが
あまり勢いのある火ですと、
『大事なオヤの部分まで溶かしてしまう』
という事もありますので気をつけてください。

ライターはどんなものでもOKです。
このライターは確か100円ショップで購入した、
3つで100円のライターです。
火の勢いの調整も出来て便利です。

使い方は簡単です。
オヤの編み終わりの部分でちょこっと残してある糸に
ライターの火をサッと近づけます。
そうすると、糸が熱で溶けますので
熱いうちに指でオヤの目立たない部分に押さえつけます。
これで終わりです。

とても簡単ですね^^


新宿 トルコ文化センター の手芸教室です。

毎月、第2・第4土曜日 午後1時半~ 2時間

チャイを飲みながらみんなで楽しくトルコの手芸をしています。

メンバー随時募集中!

みんな初心者からはじめました。
初めての人でも大丈夫です^^
一緒にトルコの手芸を楽しみましょう!

[PR]
by torukosyugei | 2009-06-02 02:14 | 手芸のお道具