<   2012年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

手芸の種類 その4

今回は「メキッキオヤ」をご紹介します。

メキッキオヤとはタティングレースのことで、
小さなシャトルを使いながら編んでいくオヤの事です。

このオヤはトルコでもできる方はさほど多くは無く、
旅行の際にお目にかかれることも少ないでしょう。

この繊細なレースは見ていても飽きることはありません。

f0207531_3382569.jpg

f0207531_338467.jpg
f0207531_339387.jpg
f0207531_3391986.jpg

[PR]
by torukosyugei | 2012-01-28 03:39 | トルコの手芸

手芸の種類 その3

手芸の種類その3は、「トゥーオヤ」です。
トゥーオヤの「トゥー」とは、かぎ針を指します。

このオヤは比較的簡単なため、初めて手芸をされる方に向いています。
また、編みやすさから様々な種類のふち飾りのモチーフを見ることができます。


f0207531_3294767.jpg

f0207531_330665.jpg

f0207531_3303438.jpg


当トルコ文化センターでは、主にこのトゥーオヤを中心に学んでいます。
[PR]
by torukosyugei | 2012-01-28 03:28 | トルコの手芸

手芸の種類 その2

みなさん、こんにちは。

今日は「イーネオヤ」についてご紹介いたします。

イーネオヤのイーネが針を意味するように、このオヤは縫い針を使って編みます。
技法は単純なのですが、キチンとした形を作れるまでにかなり練習が必要とされ、
オヤの種類の中でも難しいオヤ部類に入ります。

また、イーネオヤの中にもいくつかの種類に分けることができます。
一つ目はこちらの平面のイーネオヤです。

f0207531_3152180.jpg


このようなイーネオヤは比較的簡単な部類に入り、
イーネオヤを始めたばかりの人は、まずこれから練習をします。

つぎに先ほどのイーネオヤから少し発展したものです。
少し技術が上がってきた人向けのイーネオヤです。

f0207531_317795.jpg


3つ目は立体のイーネオヤです。
こちらは非常に手間のかかる高度な技術と根気が必要となります。
ひとつの網目が1ミリ程度ですので、このサイズに仕上げるためには
かなり大変な作業といえるでしょう。

f0207531_3192362.jpg


最後は立体のイーネオヤをもっと芸術的に仕上げたものです。
このようにネックレスの金具以外の部分すべてをイーネオヤで仕上げています。
ここまできますと、ため息が出るほど美しい手作業ですね。

f0207531_3215151.jpg

[PR]
by torukosyugei | 2012-01-28 03:22 | トルコの手芸

手芸の種類 その1

みなさんこんにちは。
寒い日々が続いておりますが、いかがお過ごしでしょうか。

さて、今回はトルコにおける手芸の種類を一つである
フィルケテオヤについてご紹介させていただきます。

フィルケテオヤとは、日本で言う「ヘアピンレース」の技法を使った
ふち飾りのことを指します。Uピンとかぎ針を使って編んでいきます。

f0207531_32768.jpg


また、トルコで見られるフィルケテオヤの変わったモチーフの一つに
「箒のフィルケテオヤ」があります。写真をご覧頂いてもお分かりのように
本当にほうきのような形をしています。
これは一般的なフィルケテオヤとは違い、2つの糸を同時に使い編んでいきます。

f0207531_342638.jpg


同じ技法をアレンジするといくつかのモチーフを作ることができます。

f0207531_392184.jpg


f0207531_352850.jpg



ご興味のある方は是非センターの手芸教室でお待ちしております。
[PR]
by torukosyugei | 2012-01-28 03:06 | トルコの手芸